2015年03月29日

しっかり食べて痩せる方法

ダイエット中にありがちな「食事量を極端に減らす」「カロリーを制限する」「太りそうな食材はカットする」等といった方法。 実は、これらが、痩せにくい体を作っている理由。
食べてないのに太るという人は、体内の脂肪が燃焼しづらくなります。体が飢餓状態に置かれると、リパーゼの働きがにぶり、空腹時でもあまり脂肪を分解してくれなくなるのです。
食事量を減らすということは、体を構成する原料を減らし、代謝ダウンに直結してしまうということ。今回のモニターさん達のように極端な食事制限をつづけていると、体がそれに慣れ、少ないエネルギーで生命活動をまかなえる「低燃費体質」になってしまうのです。


食べて痩せるにはどうしたらいいの?おさえておきたい5つのポイント!

mig-2

おいしく食べてきれいに痩せよう♪

ダイエット効率に役立つ食材や食べ方のコツなど、食べて痩せる正しいダイエット方法は?


1.ゼロカロリー&ローカロリーばかりを食べない!

mig-3

食べるのはほどほどに!

ゼロカロリー、ローカロリーをダイエットに活用するのがダメなのではなく、そればかりを食べるのが問題。必要最低限に留めた方がベターです。
ゼロカロリー&ローカロリーは熱量がない食材なので、体が熱を生み出せずに冷えを招いてしまいます。冷えると体は脂肪を蓄えようとするので、ますます脂肪を燃やすことは困難に!
元々「甘い」という味覚は糖分の味覚です。つまり脳は「糖分が入ってきた」 と勘違いします。 しかし、実際は体内には糖分が入ってきていません。そうするとどうなるか?脳は「それくらいの甘味じゃ糖分が足りないからもっと甘いものを食べろ」という命令を出すんですね。その結果、より甘い物を食べたくなるという悪循環に陥るんです。


2.油はダイエットの味方!

mig-4

良質な油を積極的にとろう!

油は加熱すると酸化してしまうので、ベストな摂取方法は生で食べること。
良質な油は、女性ホルモンや脳内ホルモンのバランスを整えてくれるので、ダイエットにありがちなイライラや暴飲暴食を防ぎ、ストレスのないダイエットを行うことができます。
α-リノレン酸を含むえごま油やしそ油、生魚、くるみ、ピーナッツなどは、ダイエット向きの良質な油。体の老廃物を排出する効果が高く、太りにくい油です。
普段から油の質を少しだけ意識することで、体内の油のバランスをよりよくすることができます。油はとりかた次第で、ダイエットの敵にも味方にもなります。効率的に脂肪を落としたいからこそ、良質の油は必須。


3.肉を食べて痩せよう!

mig-5

赤身のお肉はカロリーも低い。

肉を食べる際は香味野菜と一緒に食べると、より代謝アップに役立ちます。
赤身の肉には代謝を上げて脂肪を燃焼する働きのある成分L-カルニチンが含まれています。L-カルニチンは牛・羊>豚>鶏の順に含まれているので、ダイエット中は、牛ヒレといった赤身の強い肉を選ぶのがポイント。
筋肉をはじめ、体のあらゆる部分をつくる材料として不可欠。また、炭水化物や脂質に比べDITが高く、体を温める効果あり。羊・牛・豚などの赤身の肉に含まれるL−カルニチンは、体脂肪を燃やすのに役立ちます。
赤身肉には脂肪燃焼効果を高めるL-カルニチンが 多く含まれるほか、脂質が少ないのでカロリーが比較的少ないのが特徴。


4.お米は太るは間違い!

mig-6

お米は日本人の体質にあった穀物。

お米の中でも、玄米や雑穀米は白米に比べ、ミネラル・ビタミン・食物繊維が豊富なのでオススメ。
昔から日本人が食べてきたお米は、私たちの体質にとても合っていて消化吸収も良く、普通に食べていれば太る心配はありません。
サラッと食べられるめん類や、やわらかいパンに比べ、素材の形が見えるごはんは、消化により多くのエネルギーを使うダイエット向きの主食。1日2杯はしっかり食べて。
炭水化物や糖は長期間抜くと、脳を動かすエネルギー不足にもなり、ダイエット中のストレスの要因にもなります。 つまり、突然「あーラーメンライスが食べたい!」みたいな衝動で、リバウンドを引き起こす可能性もあるのです。


5.「痩せなきゃ!」のストレスはNG

m_3982668517_623500f3d3

ストレスは美容の大敵!

体や心にストレスを感じると、脳は飢餓状態であると勘違いし、いざという時のために脂肪を蓄えようと働いてしまいます。
「太るのが怖くて、食べることまでが怖い!」とまで思ってしまう例もみられますが、このようなストレスはダイエットの大敵です。
好きな事を我慢する、苦手だったり嫌いなコトを始めるのがダイエットが長続きしない原因。
ダイエットのとき、「大脳新皮質」は「食べてはいけない」と指示します。でも「大脳旧皮質」は本能に従って「食べたい!」と訴えかけてきます。ここで無理をして食欲を我慢すると、間脳がパニックを起こし、バランスが崩れて脳がストレスを感じてしまいます。


posted by まる at 14:44| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

炭酸水はダイエットに効果的

炭酸水ダイエットは今ではメジャーなものですね。

炭酸水を飲むことで胃が膨らみ、食事の量を減らせるというものです。

炭酸水はスーパーでもコンビニでも簡単に手に入ります。

そして、食前に飲むだけなのでとっても手軽です。



炭酸水ダイエットのやり方

3食の食事の前に炭酸水を飲みます。
飲む量は最低でも500ミリリットルは飲みましょう。

少量のみ飲んだだけだと、反対に食欲が増してしまい逆効果になります。

味のない炭酸水を飲むのが苦なら、夜だけ飲むだけでも効果的です。

食前の10分前に飲んでおくのも効果的です。

炭酸水を飲むことで胃の中で炭酸ガスが発生して、お腹が膨れます。

すると、自然と食事の量が減らせるということです。

食事前だけではなく、おやつの前やスッキリしたいときに飲んでもかなりリフレッシュを味わえるかと思います。冷たいものではなく、常温のものを摂取しましょう。


炭酸水の種類

飲む炭酸水は糖類を含まない物にしましょう。

炭酸水はカロリーゼロなのでいくら飲んでも大丈夫です。

味がないのが苦手だという方には、今ではいろんなフレーバーの炭酸水もありますのでそういうのを選ぶといいかと思います。
ダイエット以外にも効果的

炭酸水を飲むことでダイエット以外にも良い効果が出ることがあります。


■お通じがよくなる
私の体験談ではかなりお通じが良くなりました。
炭酸水を飲むことで腸が刺激されるためです。
朝起きた直後に、冷たい炭酸水を飲んでいました。


■炭酸水で血行がよくなり新陳代謝がアップ
炭酸水で体内の二酸化炭素の濃度があがって血流が良くなります。
新陳代謝がアップして、ダイエット、美肌効果が得られます。


■リフレッシュ効果
疲れたときや運動した後、炭酸が飲みたくなることありませんか?
私は普段全然炭酸を飲むことがないのですが、疲れたときは何故かコーラが飲みたくてたまりませんでした。炭酸は疲れの元・乳酸を分解してくれるそうなのです。
炭酸水を飲むことで疲れも溜めこまなくなります。


■顔に塗ってもよし
今では炭酸パックなんてのもありますが、かなり高価なものですよね。
炭酸水で洗顔ならかなりの低コストです。
炭酸水のしゅわしゅわの元・二酸化炭素が皮脂を溶かしてくれ、血行も良くなり、くすみ改善・美肌効果が期待されます。
炭酸水をコットンにたっぷり浸し、くすみの気になる所にパックするのもいいですね。


■炭酸水は手づくりできる!
用意するのは
水  200ミリリットル
ベーキングパウダー 小さじ1/2 
クエン酸 小さじ1/2
を混ぜるだけです。
お好みでレモンやライムを混ぜても美味しいです。
今では炭酸水を作れる家庭用マシーンなどもあるようです。
毎日飲むなら、こういったものを購入するのもよさそうですね。
まとめ
しかし炭酸水を飲んでいるからと言ってドカ食いなどには気をつけましょう。
カロリーを取りすぎてはダイエット効果は当然ありません。
適切な量、バランスの良い食事もダイエットへの近道です。

posted by まる at 16:22| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

ヨガダイエットのススメ

ダイエットを始めようとした時、「食事制限しなければ」などや「筋トレしなくちゃいけないのかな」など、まず初めに辛いイメージが浮かぶことが多いのではないでしょうか。本当はダイエットをしたくても、その辛さが先行してしまうため、断念される方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そのような中で、ダイエットに高い効果があるヨガに人気が集まっているようですね。辛いイメージのあるダイエットですが、これほどの根強い人気がある理由には、ヨガにそれだけの魅力があるからではないでしょうか。


ヨガはインナーマッスルを鍛えることに意識する!

ヨガがダイエットに効果的と言われている理由の1つには、外の筋肉ではなく、主に身体の中にある筋肉(インナーマッスル)を鍛えていくからでしょう。

身体の中の筋肉を鍛えていくことで、下がっていた内臓がもとの位置に戻る効果があります。内臓がもとの位置に戻ることで、それまで内臓によって圧迫されていたリンパや血流などがスムーズになり、溜まっていた老廃物なども排出され、身体が痩せやすい体質へと変化していくのです。これが、ヨガダイエットが効果的に成功しやすくなる理由の1つと言えるでしょう。

また、女性に多いポッコリお腹ですが、これも内臓の下垂が大きな原因と言われています。ヨガを続けるに従って、このポッコリお腹も改善され、徐々に引き締まってくるのも、ヨガによるインナーマッスルが鍛えらえていることによるものですので、ヨガダイエットは、見た目にもキレイに、効果的に痩せられる成功率の高いものと言えるでしょう。


深い呼吸を大切に!

ダイエット期間中の大敵なものに、食欲が1つ挙げられると思います。せっかくダイエットをしていても、食欲を無理に我慢しているせいでストレスが溜まり、フッと気を抜いてしまった時に、暴飲暴食に走ってしまうことがあるでしょう。そのせいでうまくいっていたダイエットも、無駄になってしまうことがありますので、ダイエットを効果的に成功させるためにも、食欲ともうまく付き合っていく必要があるでしょう。

この食欲を旺盛にしてしまうストレスの主な原因として、自律神経が乱れて交感神経が優位になっていることが考えられます。交感神経とは、主に緊張している時に働くもので、これが優位に立っている間は、リラックスを感じることが難しくなるのです。従って、どうにかしてリラックスを感じようとするために、食欲に走ってリラックスを得ようとしてしまうことがあるのです。

ヨガダイエットは、この食欲を無理なく抑える効果があり、ダイエットを成功に導いてくれるものでもあるでしょう。ヨガでたくさんの汗をかき、深い呼吸を繰り返し行うことで、自律神経が整ってくる効果があるのです。これによって緊張感を常に感じていた心身も、リラックスを感じられるようになり、食欲も落ち着き出しますので、ヨガによるダイエット効果が成功に導かれるのです。

このように、ヨガはダイエットに高い効果が期待できるものですが、そのためには、続けることが大切になってくるでしょう。ヨガにはホットヨガなど様々種類もありますので、ダイエットをしようと初めから無理をするのではなく、ご自身に合ったヨガを見つけることで、無理なくマイペースに続けることが大切になってくるでしょう。

posted by まる at 03:47| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

ジャヌビア